2016年2月5日金曜日

「有為の奥山けふ越えて」=「死」が前提とか。

 ご縁とは不思議なものです。病院の待合室(と言っても廊下)で,エコー検査が終わって診察までの時間つぶしに本を読んでいましたら,あの「いろは歌」の中の一節「有為の奥山けふ越えて」の話がでてきました。そして,「有為の奥山」というのは「死」を前提としている,という説明を読んでびっくり仰天してしまいました。

 じつは,ずっと長い間,「有為の奥山」の意味がわかりませんでした。しかも,「奥山」とは「死」を意味しているとは・・・・。ほんとうに驚きでした。病院というところは,すべからく「死」と向き合っている人の来るところです。かく申す,わたしとて「死」と真っ正面から向き合っています。ですから,しばしば「死」というものを考えてしまいます。そんな折も折,「有為の奥山」の意味を教えてくれる本を読んでいたのですから,これはもうご縁としかいいようがありません。

 本の名前は『ないがままで生きる』。著者は,玄有(有に人偏)宗久さん。SB新書。2016年1月刊。久々に出会った玄有宗久さんの名著です。もっとも,最近,とみに仏教の世界に傾斜しつつあるわたしにとっては,まことにありがたい導きの書。しかも,いまの,わたしの心境にぴったり。

 この話は,第二章・無為自然の冒頭にでてくる「無為自然は難しい」というタイトルのエッセイのなかに書き込まれています。簡潔で,とてもいい文章なので,引用しておきましょう。

 「死について謳った『いろは歌』を憶いだしてほしい。前半では『色は匂へと散りぬるを我が世誰そ常ならむ』と諸行無常の儚さが美しく歌われるが,後半の『有為の奥山けふ越えて』は,死によって『有為』の世界を越えるという認識が前提になっている。当然その向こうに想定されているのは『無為自然』な,完全に自由な状態であろう。からだという窮屈な器を抜けだし,無為自然の状態になってみれば,これまでの人生がまるで浅い夢のように思え,酔っていたような気もしてくる。しかし今はすっきり全てが見えているから,これからは浅い夢など見るまい,酔っぱらいもするまい(浅き夢見じ酔ひもせず)も,と結ばれるのである。
 これはどう解釈してみても,死ななければ有為の奥山を越えて無為自然になることはできない,と言われているみたいではないか。」

 そうして「有為の奥山」についても,じつに目からうろこの話を玄有宗久さんは展開しています。それによりますと,「有為」とは,世俗の人間が「なにかのために」する行為のことで,そこには必ず計算や打算が働き,意見の衝突が起き,戦争になったりする,というのです。それに対して,無為とは,なんの意図もなく,作為もない状態のこと。なにもしないという意味ではなくて,「なにをしようという意図もなく,季節は巡り,太陽は照って雲は雨を降らし,そのなかで植物や動物が育っていくように,全てが不足なく為されていくということだ」といいます。

 しかし,世俗を生きる人間は,どうしても「有為の奥山」を越えることはできない,そういう生きものではないか,と玄有宗久さんは説いています。だから,世俗とあの世の境界ともいうべき「奥山」を越えなくては,つまり,死なないことには,「無為自然」の世界を生きることは不可能なのだろう,というのです。玄有さんのこの説にしたがえば,「有為の奥山」を越えるのも悪くはないなぁ,とどことなく安堵してしまいます。さすがに禅僧の言うことはケタが違うなぁ,と感心してしまいます。

 こんな話を枕にして,もう一つの,「無為自然」を理解するための,これまたとても面白い話題を玄有さんは紹介してくれています。この話はいささか長くなりそうですので,ひとまず,ここで切って,別のタイトルを立てて書いてみたいとおもいます。

 ということで,今日のところはここまで。
コメントを投稿